健康食品(コガネタモギダケによる)サプリメント、フード、によるガン治療の報告です
ハルの一言:一月から毎日、朝ご主人の奥様から「コガネタモギダケ」をマグカップ1杯づついただいております、、ダッタンそば茶入りのものです。抗生物質、藥一切使用していません、もちろん手術はしてません、現在のところ、いたって元気です、ハイ、、でも、もう一度、獣医にも見てもらいたいです。ご主人様へ一言、また余計な設備投資をしないでね、、コガネタモギ入りのクッキーなんて、、奥様に怒られますよ、スープが一番って!、。
「ハルのオデキ・腫瘍」です 
大きく丸印のついているマルの範囲が平成16年5・6月ころの大きくただれていた部分、その右は3月初めの小さくなった実際の大きさの写真です(まさかこんなに大きく変化があらわれるとは予想もしなかったので初期のころの「大きなただれと、膿」の写真は撮ってなかった、驚きの結果です、)日に日にと、次第に範囲がちいさくなり5百円ほどの固まりとなり肉も盛り上がってきて、毛も生えてきています、19日の撮影部分は既に表面がふさがれつつあるので慌てて写真を撮った次第です、変化があらわれるまでやく20日〜くらい良化の変化が現れ始めたら日、1日づつ変化、急激に変化しています。でも悪性の腫瘍は取らなくては、ということで病院で、6月に取ってしましました再発症の確立は3年以内55%、ただしタモギダケは服用せずのばあいです、発症から1年7ケ月以上立つのにこの程度の症状(通常は1年くらいで、、絶望ということです)ですが、油断せずにタモギの服用は続けています、今後腫瘍の毒素が胃内臓、に影響するのが心配,「ハル」の生まれながらの免疫力とコガネタモギダケの豊富に有する「ベータグルカン」と抗腫瘍性物資「インターロイキン8」に期待するところです、今後詳細に報告予定です。

※20年7月永眠・・体重は半分以下に落ちていました・・再発でした、でも3年余りの延命は、
家人たちとボール投げ鴨の回収で楽しめました日々でした、感謝です
   
17・3・12
 17・3・19
   
17・6・下旬
   
       
※次回はアイリッシュの(あいちゃん)の激症子宮ガンの報告です。